統合失調症 症状 原因 対処方法

統合失調症の症状と原因、治療方法について

 『統合失調症』は、現在約100人に1人程度の割合で発症しています。
 日本全国では、約100万人ほどの方が統合失調症に患っているという計算になります。
 それ程、多くの方がこの病気で悩んでいるのですが、皆さんはこの病気について知っていますか?

 

スポンサーリンク

 

 このサイトでは、統合失調症についての様々な症状とその原因や対処方法、予防方法などについて分かりやすくご紹介していきます。

 

【統合失調症とは?】

 統合失調症は、脳の機能に異常のある精神疾患で精神的な症状が強く現れ、幻覚を感じたりや妄想を抱いたりすることがよくあります。
 また、通常の社会生活や家庭生活に支障をきたすような行動や言動が見られ、周囲との間でスムーズなコミュニケーションがとれなくなったりします。

 

 考え方や行動に常軌を逸したことも多く見られるようになります。
 その昔は「精神分裂病」という病名で呼ばれていましたが、現在では「統合失調症」に変更されています。

 

【統合失調症の症状は?】

 

 統合失調症の症状は、陽性症状と陰性症状に分けられます。

陽性症状

 特徴的な症状としては、幻覚と妄想があります。
 幻覚には、聴覚に関するものが比較的多く、実際にはない音や声が聞こえてくるというのがあります。
 妄想には、いわゆる被害妄想的なものが多く、自分が批判されたように感じたり、攻撃されたように感じたりします。

 

陰性症状

 通常の社会生活や家庭生活で、周囲と連携が取れず、バランスの良い行動や適切な言動ができない状態になってしまいます。
 このため、周囲からは「非常識」とか「気が利かない」などと思われて孤立してしまったりします。
 また、患者自身が病気であるということを理解できない状態でいることもあります。

 

スポンサーリンク

 

【統合失調症の原因は?】

 

 統合失調症の原因については、今でもはっきりしたことは分かっていません。
 ただ、進学や就職、結婚などの人生における転機が、統合失調症を発症させるキッカケになってることが見受けられます。
 さらに、生まれ持った遺伝的要因や育った環境などの要因も発症の一因と考えられています。

 

【統合失調症の治療方法は?】

 統合失調症の治療は、薬による「薬物療法」と精神療法やリハビリテーションなどの「心理社会的療法」を組み合わせて行なっていきます。

薬物療法

 統合失調症の薬物療法では、抗精神病薬を使用していきます。
 特に、第二世代と呼ばれる新しいタイプの抗精神病薬によって、陽性症状だけでなく陰性症状への効果も期待でき副作用も少なくなってきました。

 

心理社会的療法
精神療法

 統合失調症の精神療法では、支持的精神療法を基本にして、認知行動療法や集団精神療法を取り入れることが多くなっています。

 

リハビリテーション

 統合失調症のリハビリテーションでは、社会適応を回復させるためのソーシャルスキル・トレーニングや愉しみなどを見つける作業療法があります。

 

 次の記事はこちらです。
 統合失調症の種類!妄想について

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。