統合失調症 対応 職場 接し方

統合失調症!職場での対応とは?

 統合失調症は精神の疾患です。

 

 ある統計によると100人に1人はかかっているといった統計が出ており頻度が高い疾患とも言われています。

 

スポンサーリンク

 

 統合失調症のはっきりした原因はまだ解明されていませんが、ある専門家は結婚や出産、就職など何らかの転機が起こった時に起きやすい傾向があると指摘しています。

 

 また統合失調症の主な症状としてはいくつかの事が挙げられています。

 

 まず一つ目は、幻覚です。
 幻覚とは実際にはない物がそこにあるかのように感じる状態です。

 

 また多くの患者が感じているのは人の声が聞こえてくるといった幻聴と呼ばれる症状であり、約8割の方が感じていると言われています。

 

 二つ目は、会話や行動に障害がおきる事です。
 これは幻覚や幻聴が起因となっている可能性が高いとされていますが、ある研究によると脳の伝達物質が不足してしまう為におきるといった事もわかってきています。

 

スポンサーリンク

 

 統合失調症は誰もがなり得る病気と言われています。

 

 ですからいくつかの対応方法も挙げられています、まず大切な事は周囲の理解です。

 

 インターネットでは疾患に対する家族や知人の対応を公開している事もあり、近年は統合失調症に関する理解も進んできていると言われています。

 

 またこの疾患は経過に関して個人差があり、長い経過を辿る事が特徴です。
 一般的に数年から長い人で数十年といった治療を継続していますが、多くの人は症状が改善し自立した日常生活を送っています。

 

 現在は新しい薬が登場したり状態に合わせたリハビリも開発されてきているので、今後も効果的な対応策が期待されています。

 

 また近年は国においても職場においてメンタルケアに関する法律も制定されました。
 職場が原因で精神疾患を発症する割合は年々上昇しているので、今後も適切な対応が必要となっています。

 

 次はこちらの記事です。
 統合失調症の対応と介護について

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。