統合失調症 特徴 性格

統合失調症!性格の特徴は?

 統合失調症の人には、性格に特徴があるのでしょうか。

 

 統合失調症患者の性格については共通していることが多く、具体的な特徴として状況の把握が苦手という部分があります。
 臨機応変な対応が苦手となってしまうことが多いので、物事を杓子定規的な考えしか出来ないことがあります。

 

スポンサーリンク

 

 そのため周囲にはわがままな印象を持たれることがあるため、病気について理解していない場合には注意が必要です。
 なので仕事などをする場合においては、上司から教えられたとおりのことしか出来ないことがあります。

 

 これも統合失調症患者における性格の特徴となっており、接客業やサービス業をするに至っては注意が必要です。
 そのため適職についてですが、単純作業が多い職場で働くことが非常に適していることがポイントです。

 

 よって新聞配達や工場で業務や仕事をすることによって、比較的ミスも少なくなることが多くなっています。

 

スポンサーリンク

 

 2つめの統合失調症患者における性格の特徴として、同じ失敗を繰り返してしまうという事例が多くなっています。
 通常のケースであれば、1度した失敗の内容について鮮明に覚えているので同じ過ちを繰り返す可能性が低くなっています。
 しかし統合失調症患者の場合には、そういった学習する能力において一部欠如していることがあります。

 

 その結果仕事上などで同じ失敗をしてしまうことがあり、ミスの繰り返しといった自体になってしまうこともあります。
 また逆に必要以上に先走りすぎてしまうこともあるので、それが失敗を増加させる原因となってしまうこともあります。

 

 さらに相手の発言を言葉通りに受け取ってしまう性格もあり、冗談が通じないといった特徴が出ることも珍しくないです。
 その場合には仮に自分が出来ない仕事などでも、無理をして承諾してしまうことがあるので注意が必要です。

 

 次の記事はこちらです。
 統合失調症!顔の特徴は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。