統合失調症 家族 限界 疲れた ストレス 辛い

統合失調症で家族が限界を感じたら?

 統合失調症で家族が限界を感じたらどうすればいいのでしょうか。

 

 身内が統合失調症という病気を発症してしまうことによって、医療機関では自宅療養をして治療を進めることがあります。
 その場合において家族がその患者を世話をすることが多いですが、非常に苦労するため限界を感じてしまうケースも少なくないです。

 

スポンサーリンク

 

 そのように家族で限界を感じるようになった時には、対処法として医療機関に相談をする方法があります。

 

 医療機関に相談をすることによって、病院側で入院を進めてきたり介護施設を紹介してくれることがあります。
 入院をする場合においては、基本的に統合失調症患者の世話は病院が治療の一環として行います。

 

 また介護施設に移ることになった場合でも、介護職員が治療と世話を同時に行ってくれます。
 いずれにしても家族の負担が大きく軽減されることになるので、非常に有効活用出来る制度や内容となっています。

 

スポンサーリンク

 

 統合失調症という病気は心の病と認識されていることが多く、患者の対応については非常に苦労することが多いのが特徴です。
 そこで2つめの家族が限界と感じた時の対策として、市役所に相談をするという方法があります。
 市役所には必ず福祉課という部署が存在するため、そこで介護について色々と相談をすることが可能となっています。

 

 具体的な内容について説明をしていくと、デイサービスや介護職員の依頼などを進めてくることが多いです。
 医療機関のように自分たちで世話をしなければなりませんが、それでも自由な時間を作ることが可能です。

 

 統合失調症患者の世話をすると強いストレスが貯まることが多いため、デイサービスなどの利用においては大きなメリットが得られます。
 申し込み方法などについても市役所の職員が説明してくれるので、初めての方でも利用出来る制度となります。

 

 次はこちらの記事です。
 統合失調症!陰性症状への接し方は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。