統合失調症 障害年金 もらえない

統合失調症で障害年金がもらえない?

 

 統合失調症では障害年金がもらえないのでしょうか。

 

 最近では、うつ病や統合失調症であると診断される人が増えてきています。

 

スポンサーリンク

 

 自分がこのような精神科の病気であると診断された時、病気の症状によって仕事を辞めざるを得なくなってしまったり、人間関係がうまくゆかなくなってしまったりするものです。

 

 このような時、仕事などを失っても経済的に十分な余裕があればよいのですが、そういう人ばかりではありません。

 

 精神科の病気が原因でこのような非常事態に陥ってしまった人の助けとなる、障害年金の制度があります。

 

 この障害者年金制度では、精神病であると正式に診断されれば、国から定期的にお金がもらえます。

 

 まとまった金額をもらい続けることができるため、失業などで生活の基盤を失ってしまった人も安心できます。

 

 近頃では、うつ病などの病気を持つ人が多くなってきているため、この制度を利用する人も増えてきています。

 

スポンサーリンク

 

 また、この年金は、必ずしも重度の病気の人だけのものではなく、それより軽い病気の人であっても、基準に当てはまれば受給することが可能になっています。
 例えば、統合失調症であると診断されたとして、そのまま何もしなければこの年金は受給することができません。

 

 障害年金を受給するためには、まず医師から正式な診断を下してもらい、その後に役所へ行き所定の手続きをすることが必要です。
 このような手続きをしなければ、重度の病気の人であっても年金はもらえないので注意が必要です。

 

 このように、障害年金は、受給資格に当てはまっても、決められた手続きをしなければ年金がもらえないことになってしまいます。
 そのため、年金受給の手続きをすることが大事です。

 

 そうすれば、病気のせいで働けなくなっていたような人も、年金が受給できて経済的な心配のない普通の生活を取り戻すことができるでしょう。

 

 次はこちらの記事です。
 幻聴を伴う統合失調症の内容とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。