統合失調症 幻聴 内容

幻聴を伴う統合失調症の内容とは?

スポンサーリンク

 

 統合失調症としての内容では、思考や意思、感情を上手くコントロール出来ずに苦しみが伴う心の病です。

 

 統合失調症にかかっている場合には、自律神経失調症を伴っている事が殆どとなりますが、失調症(統合)は交感神経と副交感神経の均衡を乱す要因を生み出しますから、失調症を患い苦しんでいる本人だけでは、なかなか解決しにくいのが事実と現状でしょう。

 

 しかし、治らない不治の病ではありませんから、「治るものだ」と自分自身に暗示をかけていく事も治る為の一つの重要な要素となります。

 

 統合失調症には段階があり、一段階(初期、軽度)、二段階、三段階(重度)とありますが、幻聴の場合には二段階に該当致します。

 

 幻聴と言うと失調症を患う本人にしか聞こえない声や音などを指し、その幻聴が外から聞こえてくるか頭の中から響いて聞こえてくるかなど、個人差があり、捉え方も本人にもよりますので、なかなか第三者には判断が難しいところなのです。

 

 幻聴としての内容であると上記の事があげられます。

 

スポンサーリンク

 

 統合失調症を回復させる為の手段内容としては、失調症に苦しむ人を日常生活においては、なるべく動かさせない事も一つの手段です。

 

 体を動かせば動かす程、ドーパミンは分泌され、アドレナリンとノルアドレナリン(正式にはマリジナントノルアドレナリン)が作用しますから、必然的に苦しみはドーパミンが分泌された分だけ増しますから安静が非常に重要なのです。

 

 したがってセロトニンという(快楽、安心が伴う)脳内の物質が分泌されればされるほど回復も早くなりますから、いかにドーパミンを抑えめにしてセロトニンを狙うか、本人が苦しみから解放される手段となります。

 

 セロトニンは安心、安堵を伴います。
 そうとなると苦しみとは反対におかれる感情ですし、安心、安堵は苦しみを除去する重要な存在となります。

 

 統合失調症を患い苦しむ人に優先してもらう事は、それ以上、苦しい思いをしないようにしてもらう事です。
 休息と協力してくれる人、理解者は必ず必要となります。
 統合失調症は不治の病ではないのです。
 可能性を捨てないで下さい。

 

 次はこちらの記事です。
 統合失調症の治療での断薬成功に向けて

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。