統合失調症 チェック 家族

統合失調症!家族ができるチェックとは?

スポンサーリンク

 

 統合失調症は本人が気づかない間に、強い症状が現れてくるようになります。
 典型的な症状には、幻覚や幻想を信じ込み、ひどい警戒心を持ってしまうので社会に溶け込みにくいところがあります。

 

 このような原因は、ストレスなどによって脳の機能が正常でなくなってしまうために起こってしまいます。
 このままの状態では周りに誤解を与えてしまい、本人が一番辛く感じてしまうことになります。

 

 家族や親しい人が症状に早く気づいてあげるためにも、統合失調症に当てはまる症状をチェックしていくことが肝心です。
 このようなチェックの仕方は、サイトで紹介されているのでこれを利用していくといいでしょう。

 

 一緒に住んでいる家族であれば、本人の日頃の行動や言動が分かるので、チェックもやりやすいかと思われます。
 離れて暮らしている場合でも、こまめに連絡を取っていくようにすれば、何か異変に気づくことがあるかもしれません。
 統合失調症は、あきらかに以前の状態と比べて違和感を感じる変化があるので、それを身近な家族や信頼できる人が察知していくことが重要なのです。

 

スポンサーリンク

 

 こうしたチェックリストに載せられている症状には、思い込みが激しい、独り言を頻繁に言う、急に引きこもるようになったなどの項目があります。
 こういった項目が複数あるので、これに当てはまるかをチェックしていくことで、当てはまる確率が高ければその疑いが強いことが分かります。
 この方法で確実に統合失調症だと断定することはできませんが、疑いが強いということで、病院で診てもらえるきっかけになります。

 

 統合失調症はその症状から自分の考えに執着してしまうので、なかなか第三者的に物事を判断していくことができません。
 そのため、自分の行動や言動の異変に気づかないので、家族を始めとした人たちがそのきっかけを与えていくことが求められます。

 

 統合失調症の症状は長く続いてしまうこともあり、専門的な治療と上手に付き合っていく必要があります。
 その支えになってあげられるのは家族であることが理想なので、まずは本人に気づかせてあげることです。
 こういったチェックはそのための取り組みとなるので、気になる症状が見られるなら、これを利用して確かめていけば安心です。

 

 次はこちらの記事です。
 統合失調症が再発する前兆は・・・だった?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。