統合失調症 薬 副作用 震え

統合失調症の治療薬!副作用は震えだけではありません

スポンサーリンク

 

 統合失調症という病気があります。
 現在ではこのような病気を発症している人が多いのですが、生活習慣やストレスなど大きく関わっているとも考えられています。

 

 統合失調症では、症状を改善するために薬が使われることが多くなっています。
 しかし、薬を服用する時には、必ず副作用があると考えておくといいでしょう。

 

 強い副作用があると心配する人もいますが、最近では医学・薬学の発達や研究によって、副作用が少しでも少なくなるようなものがあります。
 病院で医師から処方された薬を、用法や用量をしっかりと守ることで副作用の発生が少なくなっています。

 

 しかし、間違った用量や用法では、体に悪い影響が出ることがあります。
 薬の効果には個人差があります。
 従って、体に現れる症状にも個人差があります。

 

 統合失調症の際に処方される薬は、抗精神病薬が多くなっています。
 これを飲んだときに体に現れる副作用は、一般的な薬よりは多くなると言われています。

 

スポンサーリンク

 

 病院で処方されたものがそれほど強い作用がないものであっても、体に何らかの症状が発生しないということはありません。
 このため、どのような症状が出る可能性があるのかをしっかりと確認しておくと良いでしょう。
 主な副作用には、以下のようなものが挙げられます。

 

 錐体外路症状という日常に動作障害によって、動作から機敏さがなくなってきます。
 手の震えというようなパーキンソン症状や、舌が出たままになってしまうというジストニアの症状も現れたりします。
 震えなどの症状が現れたときには、副作用のが強いでしょう。

 

 自律神経症状もあります。
 この場合には、口の中が乾いたり目がぼやけるというような症状が現れます。

 

 抗ヒスタミン症状では、眠気や体の怠さを感じるようになります。

 

 悪性症候群では、高い熱が出て身体が硬直するようになります。
 震えやぼうっとするというような症状が現れるようになりますが、統合失調症の症状よりも重い症状になるようなこともあります。

 

 統合失調症で処方される薬には、このような副作用の可能性があるとされています。
 このため、薬を服用するときには注意したいものです。

 

 次はこちらの記事です。
 統合失調症の治療薬!副作用で肥満になる?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。