統合失調症 薬 副作用 肥満

統合失調症の治療薬!副作用で肥満になる?

スポンサーリンク

 

 統合失調症は、脳の機能に障害が生じるようになる病気です。

 

 統合失調症になると、自分の気持ちがまとまらなく不安定になることがあります。
 イライラしたり、情緒不安定になることで人とのコミュニケーションが上手にとることができません。

 

 統合失調症の治療には、病院で処方される薬やカウンセリング、デイケアなどがあります。
 また、家族や周囲の方の理解がとても重要になってきます。

 

 いろいろな薬がありますが、どんな薬にも副作用があります。
 便秘になったり、肥満になったりする場合もあります。
 副作用で肥満になると他の病気にもなりやすく、体の変化に伴い気分の落ち込みなども考えられるので病院へ相談してみることが大事です。

 

 統合失調症には、幻覚、聴覚、引きこもりなどの症状が出ます。
 周囲の方にこのような症状がある場合には、気づいてあげて理解しましょう。

 

 また、病院へ行くことも勧めてみましょう。
 上手に気持ちをコントロールできずに悩んでいるかもしれません。
 周囲の理解が大変重要になってきます。

 

スポンサーリンク

 

 現在では、統合失調症になる人は少なくありません。
 決して珍しい病気でもありません。
 いつ誰が病気になってもおかしくないほどの確率になっています。
 およそ100人に1人の割合で統合失調症を発症していると言われています。

 

 統合失調症では、周囲の方や家族の理解が治療の一つとなってきます。
 薬と病院でのカウンセリング、リハビリテーションなどで治療を行っていきます。
 副作用が見られる時も相談するように言ってあげましょう。
 肥満や便秘など体に変化がある場合には、注意が必要です。

 

 同じ統合失調症の病気の方との体験談などコミュニケーションをとることもリハビリになります。
 自分一人ではない、同じ病気になる方もいる、自分と同じ体験をしているということを知って安心できるのです。
 病気によって様々なことが起こるでしょう。
 患者は、益々不安になります。

 

 薬で精神を落ち着かせながら、周囲の方の協力を得て改善に向けて治療をしていくと良いです。
 自分に合った治療方法で改善していくことが良いです。
 沢山の治療方法が工夫次第でできますので、患者の様子を見ながら試してみましょう。

 

 次はこちらの記事です。 
 統合失調症の陰性症状が続く期間はどれくらい?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。