統合失調症 女性 特徴

統合失調症の女性に見られる特徴とは?

 統合失調症の女性にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

 統合失調症は精神疾患の1つで、日本では100人に1人の割合での発症しています。
 単純計算で薬100万人の人が、この病気にかかっていることになる程多い病気になります。

 

スポンサーリンク

 

 統合失調症では、現実にはない幻覚や幻聴をともなう症状などが現れ、それに振り回されることが起きてきてしまいます。
 日常生活を送ることが難しくなってしまうこともあるので、治療と上手く付き合っていかなければいけません。

 

 この統合失調症は10代から20代に発症する例が多く、全体的に男性の方が多めです。
 男性の特徴として挙げられるのが、内向的で社交的な付き合いが苦手というのが典型的です。
 統合失調症の原因はさまざまですが、この性格的な部分も反映されてると考えられています。

 

 反対に女性の特徴は、神経質で怒りっぽいところが目立ちます。
 わがままな気質もあるので、男性とは実に対照的な特徴です。

 

 なぜ、男性と女性とではこのような性格の違いがあるのでしょうか。
 その性格的な違いから、発症しやすい原因を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 男性はもともと、女性と比べてコミュニケーション能力が高い方ではありません。
 中にはそれが得意な人ももちろんいますが、女性よりかは多くはないように見えます。

 

 そのため、1人での行動が多くなることもあるので、必然的に孤独になってしまうことも多いのでしょう。
 その孤独さが1人でいろいろと考え込んでしまう時間を作らせてしまうので、それが症状のきっかけになってくるのかもしれません。

 

 反対に、女性は同性仲間と行動するところが目立ち、性別的な面から気遣いや思いやりといった細かい神経が目立ちます。
 それに配慮してしまうあまり考えることも多くなり、周囲の目をさらに気にしてしまうことも疑われます。
 思い通りにいかなければ怒りから自分を責めてしまうことも起きてしまうので、こういった細かい部分が統合失調症を引き起こしてしまう原因にもなりかねません。

 

 これらの特徴が統合失調症のはっきりとした原因とは言いきれませんが、そういう傾向があるという面では知っておいて損はないでしょう。
 こういう男女の特徴が、予防や治療に役立てられることも十分に考えられます。

 

 次の記事はこちらです。
 統合失調症の症状!暴れる原因とは?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。