統合失調症に 良い 効く 食べ物

統合失調症に良い食べ物とは?

 統合失調症にはどのような食べ物がいいのでしょうか。

 

 統合失調症という病気は、名前は知っていてもあまり馴染みのないものと思っていないでしょうか。
 しかしながら、約100人に1人は統合失調症になると言われている程多い病気なのです。

 

スポンサーリンク

 

 この病気の詳しい原因については、まだハッキリとしたことは分かっていません。

 

 しかしながら、脳内の神経伝達物質の異常が一つの要因となっているということが分かってきました。
 その代表的なものには、ドーパミンやセロトニンなどがあります。

 

 これらの物質の過不足などによって正常な神経伝達が妨げられ、統合失調症の症状を引き起こすのではないかと考えられています。

 

 統合失調症では、その治療の第一選択肢は薬物療法になるのが一般的です。
 特に、幻覚や幻聴、妄想などといった症状が強く現れる陽性症状では、抗精神病薬などが利用されることが多くなっています。

 

 ただ、物事などへの興味や関心がなくなってしまう陰性症状や日常生活を送る上で必要となる機能が低下する認知機能障害では、薬物療法だけでは効果が現れないことも見られています。

 

 そのため、薬物療法と併せて、リハビリや作業療法などを組み合わせた治療も行われるようになっています。

 

 また、人間は食べ物によって身体を維持していることから、食事の重要性が取り上げられることも多くなっています。
 最近では、食生活の乱れから生活習慣病になる人もとても多いものです。

 

スポンサーリンク

 

 そのような面から統合失調症に対してのアプローチも考えられてきています。
 では、そのような食べ物が統合失調症に対して効果的なのでしょうか。

 

 まずは、神経伝達物質の生成に欠かせないのはアミノ酸です。
 このアミノ酸はタンパク質に含まれていることが多いため良質なタンパク質の摂取は欠かせません。
 ただ、動物性ではその脂の影響で他の病気の原因にもなってしまうのであまりお勧めできません。

 

 豆類などの植物性タンパク質が好ましいでしょう。
 ただ、それだけでは味気ないという場合には、魚介類を摂るのもお勧めです。
 人の身体に良いとされるDHAやEPAなどが豊富に含まれているものが多くなります。

 

 更に気をつけたいのは、ビタミンやミネラル類、食物繊維などの摂取です。
 これは、主に野菜や穀物、果物などに多く含まれており、いろいろな種類のものを摂るようにしましょう。

 

 逆に避けた方がいいものでは、ジャンクフードやインスタント食品などの添加物や保存料などが多いものです。
 人工的な合成化学物質の影響が大きくなると考えられています。
 これらは、農薬や化学肥料などにも使われているため、野菜や果物でもそのようなものは避ける方が安全です。

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。